読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Turtles

メルボルンでの生活

002- Arrived in Melbourne

メルボルンについてから今日で3週間近く経ちます。

あの凍える寒さの東京に居た自分が思い出せないくらい、夏真っ盛りのメルボルンを満喫しています。たまに暑すぎるんですけど、日本のように湿度が高くないので日陰に入ればかなり快適です。

 

さてさて

オーストラリアにワーホリに来てまずやることは、

 

  1. 家探し
  2. 銀行口座開設
  3. Tax File Number (TFN: 納税者番号)取得

 

だと思うのですが、

2.銀行口座開設 と 3.Tax File Number取得 は2年前のものがそのまま残っていたので引き続き使用する予定でしたが、行きの飛行機の中でまさかのBank Cardを紛失してしまったんです(笑)オーストラリア人の友達に聞いたら、銀行の窓口に行けば$30支払えば再発行してもらえるよと言われたので、不安な気持ちの中、翌日開店と同時にANZの窓口へ。痛い出費だなと思っていましたが、幸いなことに何と無料で再発行してくれました。もしかしたら銀行によって扱いが違うのかもしれないですね。ラッキー。

 

後日、日本から持ってきた本の中からBank Cardが発掘されました。

 

また、もし余裕があればTax File Number と同時にオーストラリアのお酒を取り扱う飲食店、バーなどで働く際に必要となる、RSA(Responsible Service of Alcohol)という酒類販売許可の資格を取っておくと仕事が見つけやすくなるかもしれないですね。大体どこの学校も$40くらいで4時間のRSA取得講座を開設しています。州ごとにライセンスが違うのでメルボルンで働くのであればVIC州のライセンスを取得する必要があるので注意が必要です。

 

近々RSAの講座に行く予定なので後日またその記事をUPしたいと思います。

 

 

次回は家探しについて書きたいと思います。

 

001- Self Introduction

はじめましてー!ユージといいます。

日本の大学を卒業してWorking Holidayでオーストラリア、メルボルンにやってきました。

 

実は今回は2回目の来豪で、2年前にたまたま留学でメルボルンにて勉強させてもらう機会があり滞在していました。その時の生活が忘れられずに、大学卒業と同時に戻ってきました。

 

英経済誌「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス。ユニット」が毎年発表している世界で最も住みやすい都市ランキングでは常にトップに挙がってくるメルボルン。本当のことを言うと2年前にくるまではそんなこと知りもしませんでした。

 

そして生まれてから20年間日本で暮らしていた自分にとって初めての海外滞在は想像していた以上のものでした。言葉、文化、制度などの様々な違いに毎日格闘しながら、時には嬉しいこともあり、辛いこともありの連続でした。そしてあらためて日本のたくさんの素晴らしさに気づかされ、それを当たり前に思っていたことを深く考えさせられました。

 

このブログではオーストラリア、メルボルンで生活する中で気になったことを少しずつ書いていけたらいいなと思っています。

 

よろしくお願いしまーす!